虫歯について

先週末、娘の歯が虫歯でかけてしまったので、

急遽、歯医者へ行ってきました。

 

レントゲンで詳しく見てみると、

歯髄まで虫歯が達してしまっており、

根管治療が必要なほどでした

 

以前に見てもらったときは、

すぐに削らなくても大丈夫ということで、

様子を見れる程度でしたが・・

進行が想像以上に早くてびっくりでした。

 

虫歯になりやすい体質になってるな~

 

虫歯に対する考え方は基本的に、

様子を見ることができる軽い程度なら削らず、

生活改善や体質改善を図る。

 

自己治癒力、歯の石灰華により回復や進行を止められる見込みが

ないところまで進行した場合は、

治療を受ける、

 

そういう考えでおります。

 

虫歯は、菌がはびこり歯に住処を作ることで

その箇所が虫歯になる。

そしてそれは甘いものや食べたものが原因。

だから歯磨きが大事なんだ。

虫歯の原因を聞くと、ほとんどの歯科医師は

そのようにおっしゃいますが、

 

その他にも、

菌が増殖しやすい(バランスが正常でない)体質、

歯自体がもろくなっている原因というのも

実は大きな原因ではないかと思っています。

そこに、体質改善や、調和のとれた状態に戻してあげる為に、

ホメオパシーは有効だと思います。

 

今回はレメディーを摂らせてあげるまえに、

手遅れの状態になってしまいましたが・・

現代の食環境では、砂糖や添加物含め、

完全に避けることは難しい。。

そう実感しました。

 

でも、その中でできることはある。

定期的なチェックやケアをしてあげることも大事かな。

ちょっと放置しすぎたか

もっと気にしてあげていればな~と反省しましたっ

陰陽のバランス

太極拳の象徴的なマーク
陰陽対極図

陰極まれば陽となるといいますが、

物事には、陰の部分と陽の部分、

どちらの要素も含まれている

というようにも理解できます。

 

動きの中でも陰の部分と陽の部分があります。

 

そして今日は、

太極拳を舞う際は、一つ一つの動きを、

陰陽を意識するということを教わりました。

 

動かそうと力を入れて動かすのは陽の要素を含み、

力を抜くことで動く。

 

力を抜くことで低い姿勢になったり、

重心を移動させたりという動作がこれに当たります。

 

そして、これは陰の要素を含みます。

動かそうとして動くだけの舞いは、太極拳とはいえません。

 

他には、

体の正面が右側を向くときは、

左側にくる背中も意識する。

前進するときは、後ろも意識する。

これも、陰陽のバランスを意識しているといえます。

 

陰陽バランスが大事なのです。

 

ほとんどの人は、普段、動かそうとして体を動かす、

即ち陽の部分を使っている。

だから、本当の太極拳を舞うのは、

そう簡単にはいかない。難しいのです。